高知学芸中学校紹介

このページでは、高知県内で面倒見のよさときめ細かな指導で人気の高知学芸中学校の紹介をしていきます。

  1. 概要
  2. 特色
  3. 卒業後の進路
  4. 2020年度の試験科目と時間
  5. 2019年度の入試結果
  6. 出題分析
  7. S進の合格実績

概要

国公私立の別 私立学校
設立年 1957年(昭和32年)
共学・別学 男女共学
共学・別学 普通科
住所 〒780-8084 高知県高知市槙山町11番12号
外部リンク 公式サイト

特色

クラスはA~E組の5クラスで1学年250人定員です。
2年に進級する際、編入試験が行われ10人程度編入学します。

熱心な先生が多く面倒見がとてもいい学校です。
真面目な生徒も多く文武両道を目指して頑張っており、いじめも少ないいい雰囲気があります。

週6日制で授業時間を確保しつつ精選されたカリキュラムで学習します。
中1・中2は特に英語・数学・国語の基礎力をしっかり身に付けることに重点を置いています。
中3ではそれまでに身に付けた基礎力をさらに充実させるだけでなく、高校の学習内容も先取りして高校進学後も無理なく勉強できるようにしています。
授業内容が理解できていない場合は、補習を行うなどフォローも充実しています。
私学中高一貫校のいい部分がとても出ている学校です。

卒業後の進路

中学からは原則的に全員高知学芸高校に進学します。
ここでは高知学芸高校の国公立大学への進学実績について紹介します。
高校が1学年300人程度であることを考えると、国公立大学への進学は多いと言えます。

2016年 2017年 2018年 2019年
国公立総数 177人 173人 169人 131人
国公立 医・医 10人 13人 10人 2人

※ 個別の大学への合格者数は公式サイトをご覧ください。

2020年度の試験科目と時間

09:00〜09:40 10:00〜10:50 11:10〜12:10
1日目・2020年2月15日(土) 算数 理科 国語
2日目・2020年2月16日(日) 国語 社会 算数

※ 2日目は昼食のあとに面接があります。
※ 詳しくは募集要項をご覧ください。

2019年度の入試結果

募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
250名 373名 354名 256名 1.38倍

出題分析

2016年〜2019年の4年間の入試問題の分析をし、科目ごとに傾向と対策を記載します。

算数(1日目)

40分・100点満点のテストです。
大問は6〜7問あるので、スピードが必要です。
大問1は必ず計算問題が6問出ます。
基礎的なものから工夫をして解く必要があるものまで幅広く出題されます。
小数と分数の計算に慣れておきたいです。
ここは確実に得点したいところです。
大問1以外は1行問題が中心です。
比と数に関する問題はほぼ毎年出題されるので対策する必要があります。
その他には平面図形や立体図形、速さなど幅広く出題されます。
幅広い範囲を確実に解くことが求められます。

算数(2日目)

60分・100点満点のテストです。
大問は6〜7問で、1日目に比べてより考える力が問われます。
図形の回転、数に関する問題、整数問題など受験生が苦手としやすい範囲が高頻度で出題されます。
推理を必要とする問題が出題されることもあり、筋道立ててじっくり考えるトレーニングを日頃からする必要があります。

国語(1日目)

60分・100点満点のテストです。
入試問題が公開されていないので分析は割愛させていただきます。

国語(2日目)

40分・100点満点のテストです。
入試問題が公開されていないので分析は割愛させていただきます。

理科

50分・100点満点のテストです。
大問は6問です。
語句や記号だけでなく、記述や計算が多く出題される傾向にあります。
大問1は、文章の下線部分が正しければ◯、間違っていれば正しく記述する問題が出題されます。
大問2は、理由や説明などの記述問題が出題されます。
大問3以降は、生物・化学・物理分野から幅広く出題されます。
グラフを作成する問題や力学の計算が出題されることが多く、記述問題も多いです。
暗記だけではなかなか片付く問題ではありません。

社会

50分・100点満点のテストです。
大問は7〜8問で、地理・歴史・政治分野から幅広く出題されます。
地理分野は、川、平野、山地・山脈など基本的なものから、気候や農業など関連づけて理解する必要があるものも出題されます。
また日本地理だけでなく、世界地理も出題される傾向にあります。
日本と関係の深い国の名前、場所、国旗、貿易品目は押さえておく必要があります。
歴史分野は、語句や記号問題だけでなく出来事の並べ替えなど出題形式が多様です。
資料や人物を見てそれが何か、誰か答える問題も出題されます。
公民問題は、憲法や選挙、時事問題が出題されやすいです。
国際機関の略称なども出題されやすい傾向があるので、普段から興味を持って接しておくのが正解への近道になります。

S進の合格実績

2018年 2019年
3人 3人

S進では、高知学芸中学校に合格するための授業を行なっています。
詳しくは小学部のページをご覧ください。
体験授業のお申し込みも随時受け付けております。

体験授業申し込み

PAGE TOP