このページでは、高知県内で面倒見のよさときめ細かな指導で人気の高知学芸高校の紹介をしていきます。

  1. 概要
  2. 特色
  3. 卒業後の進路
  4. 2020年度の試験科目と時間
  5. S進の合格実績

概要

国公私立の別 私立学校
設立年 1957年(昭和32年)
共学・別学 男女共学
共学・別学 普通科
住所 〒780-8084 高知県高知市槙山町11番12号
外部リンク 公式サイト

特色

クラスはA〜F組の6クラスで1学年300人程度が定員です。
そのうち高校入試を受けて入学するのは50人程度になります。
A組は高校入試からの入学者のクラス、B〜F組は内部進学クラスでF組は特進となります。
2年からは高校入学組が内部進学に合流し、A〜C組が文系クラス、D,E組が理系クラス、F組が文理混合特進クラスとなります。
3年では原則クラス替えはありませんが、F組のみ入れ替えが行われることがあります。

高校は大学入試を見据えたカリキュラムになっています。
高1では中学で学んだ基礎をさらに充実・発展させていくために、習熟度別のクラス編成をします。
この時点ではまだ文理に分かれておらず、共通で学ぶ科目・範囲を固めていきます。
高2では進路希望に合わせて文理別クラスになります。
先生が進路の相談にしっかりじっくりのってくれるので、安心して決めることができます。
英語・数学・国語の三科目は、高1・2ですべての内容を学習します
高3の1年間で大学入試のための復習をしっかりできます。
選択科目を多く設定しており、進路に合わせた授業を受けることができます。

理数系に力を入れており、2019年には2年生の生徒が国際生物学オリンピックの日本代表候補に選出されました。
※ 詳しくは、高校2年生が国際生物学オリンピックの日本代表候補に選出されました。のページをご覧ください。
理科部は、「科学の甲子園全国大会出場」の常連となっています。

卒業後の進路

まずは国公立大学への合格者数を見ていきます。
高校が1学年300人程度であることを考えると、国公立大学への進学は多いと言えます。

2016年 2017年 2018年 2019年
国公立総数 177人 173人 169人 131人
国公立 医・医 10人 13人 10人 2人

次に具体的にどのような国公立大学に合格しているかを見ていきます。
特に地元の高知大学、高知県立大学、高知工科大学には毎年多数の合格者を輩出しています。

2016年 2017年 2018年 2019年
東京大学 1人 3人 1人
京都大学 1人 6人 1人
大阪大学 5人 4人 1人
岡山大学 9人 13人 10人 14人
高知大学 43人 45人 38人 26人
高知県立大学 7人 14人 8人 11人
高知工科大学 15人 16人 18人 14人

有名私学にも多くの合格者を出しています。
地理的な要因か、関関同立への合格者が目立って多い傾向にあります。

2016年 2017年 2018年 2019年
慶応大学 3人 4人 6人 3人
東京理科大学 6人 3人 13人 6人
明治大学 8人 18人 7人 3人
早稲田大学 12人 12人 11人 12人
同志社大学 25人 14人 17人 14人
立命館大学 48人 33人 22人 14人
関西大学 19人 14人 9人 17人
関西学院大学 21人 9人 7人 11人

※ 詳しくは公式サイトをご覧ください。

2020年度の試験科目と時間

専願 併願
2020年1月24日(金)
08:30〜08:40集合注意
08:50〜09:40 (50分)英語(100点)
10:00〜10:50 (50分)国語(100点)
11:10〜12:00 (50分)数学(100点)
12:00〜12:10 (10分)アンケート
昼食
13:00〜00:00面接
08:30〜08:40集合注意
08:50〜09:40 (50分)英語(100点)
10:00〜10:50 (50分)国語(100点)
11:10〜12:00 (50分)数学(100点)
12:00〜12:10 (10分)アンケート
昼食
13:00〜13:30 (30分)社会(60点)
13:50〜14:20 (30分)理科(60点)
14:30〜00:00面接

※ 英語・国語・数学は、専願・併願共通の試験問題です。
※ 詳しくは募集要項をご覧ください。

S進の合格実績

2016年
1人

S進では、高知学芸高校に合格するための授業を行なっています。
詳しくは中学部のページをご覧ください。
体験授業のお申し込みも随時受け付けております。

体験授業申し込み

PAGE TOP